2009年11月15日 (日)

11/3 釜飯&雪&餃子

文化の日。

釜飯食うなら峠の釜めしでしょう。

ということで

横川までひとっ走り
紅葉観るついでに行ってきた。

釜飯界の代表選手

「おぎのやの釜めし」

物産店とかで見るけど
現地で食べるのは初めて。
秋の味覚たっぷりです。

2009113karuizawa2 2009113karuizawa3
益子焼の釜持って帰ってきた。

そんでもって軽井沢アウトレット
にいも足を延ばしたところ
雪が!

そしてまじめに寒い。

西武の有する広大な土地に
贅沢にレイアウトされたアウトレットモール
駅前からは分からないくらい奥行を広く
使っている。
2009113karuizawa

ゴルフ場かと思うくらい。

ルクルーゼのアウトレットで
初ルクルーゼ購入。

夜は久しぶり蒲田四川餃子房。
やっぱりうまいぜ。
2009113karuizawa4

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年10月30日 (金)

ゴールデン街にいらっしゃい

◆フリマ@G街
http://www.d-kabukicho.com/entertainment/event/11111186.html

新宿花園ゴールデン街では、
フリーマーケット開催

今回で6回目らしい

お宝物発掘(!?)
フリーマーケットに加えて、

特設ステージイベント
出演(予定):デリシャスウィートス、吉本興業芸人、他

お買い物で金券抽選券がもらえる!
1等は1万円!!

開催日時 :      
2009年11月1日(日)午前11:00~午後6:00

おいらも売り子やってまーす。

明るい時間のG街もよろしいかと。

◆深夜食堂

水曜日深夜に渋いドラマやってます。
その名は「深夜食堂」

深夜ながら豪華キャストで
さすがドラマのTBSな感じ

ゴールデン街をイメージした
飲み屋街にあるめしやを舞台にした
素敵なドラマざんす。

ゴールデン街組合協力でロケしていて
気になるシーンがいっぱいだし、

なにより
料理番組としてすばらしい。

フードスタイリストは
なんと「かもめ食堂」「めがね」を
てがけた飯島奈美!

まちがいないっしゅ。

観てると思わず
飲みに行きたくなっちゃうのが
問題です。

『深夜食堂』安倍夜郎/小学館ビッグコミックオリジナル
http://www.comics.shogakukan.co.jp/midnight_dining/

ドラマ「深夜食堂」公式サイト
http://www.meshiya.tv/

その原作漫画イラスト入りの新宿・花園ゴールデン街
Tシャツがフリマで販売されるらしい。

以上

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年6月19日 (金)

5/23 ぶらり下車の旅ってやつ

激しく移動する1日。
ロードツーリング後で、意識が高揚していたのか
ホームパーティ主催者の人の最寄駅
「代々木八幡駅」に降りた途端。
あらゆるものが気になって仕方がなかった。
※ちなみに神宮外苑から自転車で五反田に戻ってから
代々木八幡には電車で来ている。これまた無駄な移動である。

下車後まず
DOCOMOが展開している
携帯TVサービス Beeの看板に引っかかった。

2009_523_1529_1_4    
そういう視点、で笑顔をうまくとらえたいんだが
なかなかむずかしい・ヒントにします。

2009_523_1530_2

国立新美術館でルネラリック展やるんだね。
トヨタ博物館に行ったときに
カーマスコット企画展みたいなの見てハマって以来好き。
トヨタ博物館のリンク

そして極め付きが南口改札すぐのこの階段

2009_523_1531_3

うーん携帯カメラでは伝わらない。

なんともいえない味のある階段なのです。
曲線美。

1眼レフ欲しいのはこういうときかも。
広角気味に撮ればきっとわかってくれる 絵が撮れたはず。。

この日は18番富士宮やきそばを中心に炎の料理人をしつつ
食い倒れ、飲んだくれ を堪能した。

こうして激動の土曜日は終わった。
もう少し若かったら さらに一晩遊べたはず。

でかいキッチンにあこがれる今日この頃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年6月14日 (日)

5/10 茅ヶ崎二背を向けて?

たまった写真の整理を兼ねてブログに
1か月前だがとても天気が良かったので
打ち合わせ場所を相手の町 茅ヶ崎にして
海に行ってみた。

2009_510_1008

駅下りた瞬間から街の波動がテンション高いとすぐにわかった。
訪れたゲストに好評という[PacificDeli]というカフェスタイルレストランを訪問

2009_510_1024

ロコモコ丼
2009_510_1142

旨かったし気持ちの良い店でした。
そのあとうちあわせを終えたので一人でぶらり旅ということで海岸にでた。

2009_510_12441

テトラポッドに上って脚本を書きすすめようとしたが
ただ焼けただけで終わった。

2009_510_1321

気持ちが良かったから良しとしよう。

その後駅に戻ろうとぶらぶらしてたら
2009_510_1415

ここがラチエン通りか!
そうサザンオールスターズの名曲
「ラチエン通りのシスター」である。

でぶらぶらしてたら
開高健記念館」とかかれたこじんまりとした建物発見
これは!ということで
おじゃましてみると

ご自宅を改装した記念館になっており
仕事場やら生原稿やらが見られるではないか!

手書き原稿の迫力。
作家の仕事場について感慨にふける時間となりました。

いそいそと東京に戻りましたとさ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

4/26 歌舞伎町~ゴールデン街~1丁目~2丁目

だいぶ暖かくなって
夜遊びも軽装になってきた。

最近必ず寄る店が
歌舞伎町のバー in The Depth
2009_426_253

マスターや常連のお客さんとともに
日本の歌謡音楽史を学んでいる夜の学校です。

この日は山下久美子論から始まり

男性アーティストとその嫁さんつながりでTKの話題になって

TKの最初の奥さん キララとウララでひと盛り上がり。
ぱっくんたまご!~空からたまごが降ってきた~/キララとウララ(1986)

作曲はPSY・Sの松浦雅也 作詞は三浦徳子
パックンたまご とは TV朝日の朝の子供番組のタイトルその番組タイトルソング
だったみたい。

昭和アイドル史および
パフュームの源流を訪ねてということで

3人組アイドルの系譜
キャンディーズから
トライアングル(キャンディーズの妹分)
トライアングルラブレター/トライアングル(1978)

作詞:島武実、作曲・編曲:穂口雄右
何でしょうこの衣装は!。まぁ悪くないです。


でパフュームにつながる テクノアイドルとはやはり
スターボーなんじゃないかというところで
一同「ハートブレイク太陽族」で衝撃を受ける。

これ細野さん作曲です。
ちょっとWIKIPEDIA引用

スターボーは、1982年から1984年にかけて活動した女性3人組アイドルグループ。所属事務所は研音、所属レコード会社はポリドール

スターボーとは星の虹(レインボーからの造語)という意味で「星の架け橋」という意味が込められているとされている[1]。グループ名の命名者は細野晴臣

半端ないです。

それ以降、TPDとかMELODYとかCCガールズとか
見てたんだけど、スターボーしか記憶に残っていない。

セイントフォーはちょっとすごいと思った。

不思議tokyoシンデレラ/セイント・フォー(1984)

作詞:森雪之丞 作曲:加瀬邦彦 編曲:船山基紀
注目すべきは2点
ステージパフォーマンス
 レオタード(死語!)来て 曲芸をする バク転、前転など
 スーパーモンキーズやSPEEDなど以前ですから
 こんだけ動いて(踊りではない点に注意)歌えるのはすごい。

メガネっこアイドルの原点
 一番かわいいメンバーがメガネという演出がすごいのですが
 時東ぁみ的なメガネっこアイドルの走りがここにあります。

その後、スーパーモンキーズ
愛してマスカット/SUPERMONKEY'S(1993)

作詞 及川眠子 作曲 小森田実
このとき安室ちゃん 17歳(俺も17歳) 
今見てもすごいダンス。
それまでは マイクを立てて歌ってたり、握ったまま軽く揺れたりしてたんだから
こんなのが出てきたら、そりゃアイドルシーンが変わってしまいます。
黒船だわ。セイントフォーから約10年。

小森田さんはSMAP SHAKE、ダイナマイト、らいおんはーとで有名ですね。

SPEED、ときて、パフューム見て
やっぱりアクターズスクール すげぇと。

やっぱアミューズってすごいねぇとか
またスペクトラム見たいねとか
IN THE SPACE/スペクトラム(1979)

いい年こいたおっさん同士で(とはいえ俺以外は40~50代)
盛りあがっているこの店
はっきり言って 気持ち悪いです。

気づけはあいかわらずの

ボンクラトークが過ぎるので
退散して、

シャドウ→呑者家→廣島→2丁目?→ゴールデン街

というコース

廣島は伝説のハードコアパンクバンドG.I.S.M.の
ドラマーの方の店 廣島さん超かっこいい。
いい店だった。
Nih Nightmare/G.I.S.M.(1983)

2009_426_1008

2009_426_1156

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年9月 9日 (土)

沖縄 石垣の旅3

というわけで、
向かった海。
こんな感じ。
060904_kabira

オフシーズンだからなのか、
人もまばら。
地元のヤングたちがわいわいやってました。

早く入らないと日が沈む~
というわけで ドボン
初スノーケリング体験でした。
当初ゴーグルから鼻を出していたのですが、

060903_gogglei
海水が浸入してきて、しんどい
不良品をつかまされたかと
がっかりしていたのですが、
ゴーグルの中に鼻を入れるとわかり
快適さが100倍になりました。
ずーっと海中をのぞけるのが
こんなに楽しいとは予想もしなかった。
海の透明度が高すぎて、ゴーグルの曇りが気になってしまうほどでした。

昔 朝日新聞の記者が珊瑚破壊の自作自演記事を書いて問題になったけど、
確かにナイーブな珊瑚達でした。美しい。
絶対に珊瑚にはたってはいけないので、注意して進む必要がありますが、
ここまでなるのにかかった年月を考えると感動もひとしおです。
スクーバやったらもっとすごいものに出会えるのかもと思うと。
興味がわきます。巨大ウツボに度肝を抜かれたり
アドベンチャー要素もあったり
時間を忘れてしまいましたが、そろそろということで切り上げて
060903_gavanoki

水泳の時間の後のようなけだるさのなか
向かったのはシーサの置物をつくるギャラリーショップ。
060903_shisah

IMPACT直球系のシーサーたちのお出迎え。
がつんときました。そしてチャンネコ達がいっぱい居たのも
良かった。
060903_shisah_neko

そしてサンセットを楽しみつつ石垣一周ドライブは終わり、
もとの石垣市街に戻りました。
いよいよ夜の部が幕を開けます。。

続く。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年9月 7日 (木)

沖縄 石垣の旅2

そして一行がめざしたのは、
川平湾(かびらとよみます)。
そう。
い~んです。でおなじみですね。
060902_kabira
いやぁ。参りました きれいです。
そしていてもたってもいられず
近くの海に飛び込むわけです。

060902_sandal

つづく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月30日 (日)

暑気払いの会

昨晩は、NITのMOTの同じコースのかたがたと
先生とともに 隅田川花火大会見物。
浅草出身のYさんの奥様ご好意により、
優先シートを確保いただくことができ、ぎりぎりの
到着でも余裕をもって見物できた。

学生時代 徹夜して場所取りしたのが懐かしい

奥様の手作りつまみも美味。

4ヶ月ぶりくらいの再会でそれぞれの近況交換
となったが、みな途中から言葉少なく
花火に没頭。

いくつになっても感動できるこの花火ってやつは
すばらしいエンターテインメントであることを再認識。
ぼけっと口をあけてみてたら、カスが入ってきた。щ(゚Д゚щ)

花火をみてたら、過去の夏の思い出が(特に小さいころ)
がかすかに思い出される。
MEMORY RECALL効果を確認した。

その後やはり Yさんに予約してもらったお店。
「まるじゅう」さん
http://r.gnavi.co.jp/g492124/
にて移動し、2次会。
おおいに盛り上がる。
独立した方、転職した方、学生専業化した方
会社にて学んだ知識を生かしている方
などそれぞれの近況を伺い、大変刺激を受けた。
同窓生であるがかけがえのない先輩である。


PS アクセス解析を開始
トラバ先を参照して、アクセス解析を開始してみた。
MIXI経由で来ている人のほかにも興味があったのです。
しばらく様子を見てみることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

惑星の旅

最近みたページの中でもっとも印象深かったのが、
科学技術振興機構が公開している、
「惑星の旅」
http://jvsc.jst.go.jp/universe/planet/index.html

2005年につくられたコンテンツなんですが、
太陽系を旅することができます。

もっとも印象的だったのが、
いかに地球がレアな存在か?

よく海の存在が地球の特徴として上がりますが、
太陽から近すぎると蒸発
遠いと氷になってしまうわけで、
そのいい塩梅が地球で実現しているわけです。
さらに驚くべきことに陸があったために
生命システムが育めた。

つまり、陸があり光合成を行う生物植物がいて
酸素が存在したことが奇跡です。
そして二酸化炭素が少なく窒素が多い。

そしてはじめて知ったことは
地球の磁場が持っている磁気圏が
太陽からのプラズマから守ってくれており
大気の流出を防いでいること。

あわせて植物がつくった酸素
オゾンが紫外線をガードしている。

こうしてみるとこの「ちきゅう」システムの一部が
人間なんだなと思います。

ロマンにあふれており、
音楽もいけているので、
ボーっと眺めるだけでもグー。

冥王星あたりで意識を失うのがはやるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年5月 7日 (日)

5/2 にしむら

信州といえば。
そば でしょう。
おいしい蕎麦屋はないかと
ネットをさがしていると、
隣のまちにちらほらあるよう。

普段の昼はお弁当で済ませていますが
本日はGWスペシャルということで、
「にしむら」 さんまで行ってきた。
国道20号からちょっと奥に入ると
おしゃれな建物が現れる。

予想以上におしゃれな雰囲気に
ちょっと引きつつ、(こきたない格好でしたので)
入店する。

値段は少し高めですが。
060502_nishimura
そばはかなりいけています。
せいろを頼んだのですが、
ゆでたてを召し上がれということで
1枚づつ出てくる。
北海道産のそば粉らしいのですが、
そばの香りがいい。
つゆも美味美味。
でした。

せいろ2枚 1000円でございます。
また来ます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧