« 自主制作映画の仲間が増えそうな件 | トップページ | DMC―GH1ほか »

2009年4月13日 (月)

SHOW-YAから始まるマイブーム

歌舞伎町のバー
「In the depth」
毎度行くたびに 毎度名曲に出会うことができる。

マスターのりょうさんと話すのは
最近の楽しみの一つである

今週の出会いは
・SHOW-YA/限界LOVERS

ごりごりのハードロック
寺田恵子姉さんエロかっこよすぎです。
そして最近は西寺実というユニットで
カバーしているのが↓

・アンルイス/あゝ無情

ビデオは時代を感じてちょっと笑っちゃう部分もあるけど

オケもヴォーカルもかっこいい。
作詞:湯川れい子/作曲:NOBODY/編曲:佐藤準

ギターが特にやばい。
NOBODYは相澤、木原のユニット

マイブーム
ガールズロックブームがきました

ZUTTO / 永井真理子

作詞:亜伊林/作曲:藤井宏一/編曲:根岸貴幸 (1990.10.24)

初めて買ったCDが5枚目の
CAtch Ball
最初に好きになった日本のアーティスト。

今あらためて聞いてみると
なかなか個性的なボーカリストだと思う。

伸びる透明感のある高音と
民謡的なビブラートがかかる中音域

作詞の亜伊林は

三浦徳子(みうら よしこ)
の別名であることを今日知った。

三浦は1970年代後半から80年代にかけて、岩崎宏美、松田聖子、早見優、堀ちえみ、工藤静香などの女性アイドル歌手全盛時にヒットチャートを席捲した売れっ子作詞家。

--
他にもお店では
スペクトラムとかをつまみに飲んでたのですが
それは別の機会にするとして

日本のガールズロックの草分けとして
押さえておきたい一曲を紹介して今日のブログを締めたい。

私は風/カルメン・マキ&OZ(1979)

TV向けってことでショートバージョンだけど
これはこれで生々しい

カルメンマキ
これまたカッコイい。

アルバム探してみよう






|

« 自主制作映画の仲間が増えそうな件 | トップページ | DMC―GH1ほか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124424/44653683

この記事へのトラックバック一覧です: SHOW-YAから始まるマイブーム:

« 自主制作映画の仲間が増えそうな件 | トップページ | DMC―GH1ほか »