« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月29日 (土)


おにゃんこクラブ
とくに
ゆうゆが好きな
店長がやってるカウンターのみの
串揚屋
「串音」
歌謡曲かける飲み屋って
結構あるけど
ここは80s以降が強い店
工藤静香とか岡村ちゃん
で狂いつつ
今日も五反田の夜はふけてく。

ちなみに今かかってるのは
天使の休息。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月20日 (木)

最近あんまり乗ってない2

CMもすごいけど
今回の新幹線のダイアすごいと思うんですけど。

http://n700.jp/smooth/benefit/index.html

東京駅発は、

10分、30分、50分と
発車時刻をぴったりにしてる。

こうすると時刻表を見なくても頭に覚えてしまうので
便利。

これっていままでの常識からは思いつかない発想だと思う。

一秒でも早く!を考えてきたのだが、
ジャストにつけるということはどこかで調整を入れているから
遅くする工夫が入っていると思われる。

このアイデア最初は反対する人いたんだろうな。。

会議の様子が妄想できるね。
新旧世代のぶつかりあい・・

OLD:新幹線は早さが命なんだよ!何言ってんだ!
YOUNG:これだから飛行機にもってかれるんですよ。視野が狭い。。

そんな感じの喧々諤々な様がしのばれます。

あっ。。

でも東京駅から新幹線乗ることって
あまりないかも・・

品川が多いかな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年3月19日 (水)

最近あんまり乗ってない

久しぶりに目を奪われたCM
といいうかこの美女に魂抜かれかけた。。
Youtube貼っちゃいます。(今日は久々にPCからアップしているので)

この女の子は
太田莉菜(おおた・りな)さんというらしい。

CMもスタイリッシュでよかった。
思わず、スクリーンセーバーDL。
ブログパーツも行こうかと思いましたがちょっとやめた。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年3月16日 (日)

freemind 0.9 beta 16

いつの間にかfreemind 0.9 beta 16がでてた。(3/2)
bata12にあった、エクセルから複数行をべたっと貼り付けると
塊になって貼られてしまう問題は解決されているみたい。

更新内容は以下
http://fileforum.betanews.com/detail/FreeMind/1125101927/1
より。。

Bug fix: remove HTML tags by generating RTF
Bug fix: Overlapping edges of the root node
Bug fix: Map movements after folding
Bug fix: Avoid storing style element in rich text nodes
Bug fix: not possible to pick / fold / unfold nodes after exception in SVG/PDF Plugin
Bug fix: Edit box for new child node can appear in the wrong location
Disable small buggy hide/open - arrows for split pane
Bug fix: Remove '&' character from tooltips and ui elements
Link connectors - new arrows in popup menu changed as proposed by Dan
Bug fix for "Java exception entering text"
Bug fix Look and feel - no propagation into scroll bar
Bug fix: copy text field selection to clipboard
Bug fix: repaint after text field is removed
Bug fix: Map hidden after switching from docs (JRE 6)
New version of SimplyHTML with some bug fixes

XSLT書き出しを使っての
エクセルへの出力(階層構造を維持したまま)
のやり方も確立したので、双方向化していい感じです。

ますますFreemind買う気が減ぜられた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月 2日 (日)

[書評]効率が10倍アップする

効率が10倍アップする 新・知的生産術
自分をグーグル化する方法
勝間和代(かつまかずよ)著

■初購入 勝間本

いわゆる勝間本。
20万部突破とかいわれてたやつ を読んだ。。

著者の勝間和代さんは
4年位前に日経アソシエ読んでた頃初めて知ってたが、
ブレイクしてからはスルーしてた。

過剰な合理性に辟易して
敢えて避けてた。
優等生過ぎるところも・・苦手な感じでした。

でもその合理精神
ホントは嫌いじゃない。
羨望が少し混ざってたのかも。

これだけ過剰に思える合理性は
仕事を育児を両立させている
すごいワーキングマザーであることを考えれば
納得できるし、尊敬すべき。

うけねらいの書名が多くて、買わないと決めてたが

まず週間ダイアモンド2/9号を買って
34ページの大特集にすごいなー
と思っていたのですが。

先週
ついに買ってしまいました。サブタイトル意味わからんけど。

やっぱりすごい、とんがってる。

まず、全体的に言えるのが
文章はわかりやすい(構造化されてる)ので、
速読に適している。

大体1時間30分くらいで読めます。

彼女がいままで学んできた
情報処理スタイル・ノウハウの伝授
とレコメン情報資産の
ブックマークがされている本です。

そのほとんどが、彼女の経験知よりむしろ
本で読んだものをベースとしているので
本全体が、出典リストみたいになっている。

言い換えれば全体にハイパーリンクが貼ってある
HTMLっぽい本。
巻末にリストも載っています。
これで1500円は確かに安い

こっからいろんな本やツールに手をだすので結果としては
いろいろお金がかかるかもしれませんが(笑)。

フォトリーディング、親指シフト、マインドマップ
自転車移動などのなどの各種ツールの紹介が続きます

こういう人のことを最近は
エバンジャリスト(伝道師)というらしいです。

過剰な合理性と強烈な自己啓発意識は
自分の弱点を理解していることから来るという
ことでしょう。

タバコをやめるのに苦労したことや
意思の弱い部分を認めているあたりで
やっぱり同じなんだと思って

誤解がとけていきました
信者にはなりきれないけど

■激しく同意

速読できるのも
書いてある事の多くが自分も同じ考えであることが
多いから

そこはそうだよね〜という感じで
飛ばし読みできました。

ひっかかったところだけ紹介してみます


■情報ソースの選び方
<--以下引用

増やしたほうかがいい情報

・自分の体験からの学び
・他者の体験からの学び
・良書

減らしたほうかいい情報
・テレビ
・一般雑誌
・目的意識のないコミュニケーション

引用終わり-->

だそうです。友達少なくなりそうなとんがり感。
感じませんか。特に
>目的意識のないコミュニケーション
(笑)

すごいですね。

テレビは本当に見ないのですが、
たまにコンビニでSPAとか実話ナックルズとか読んじゃってますね。

雑誌ジャンキー・文字ジャンキーなので・・
質の低い情報大好き(笑)。


本も好きですが、濫読です。


■頭と健康にいい食生活
健康オタクぶりも共感しつつ 極端な部分が面白かったです。
たとえばこんな表現。

<--以下引用
私も決して意志が強くないので、コンビニに行って、
おいしそうな新製品のお菓子や、パンが並んでいたり
のどが渇いているときに新作のジュースが並んでいるのを見たりすると
ついつい買ってしまいそうになります。

しかし、頭にいい食生活という軸を考えた場合に、コンビニで売っているものは
ほとんど役に立たないのです。
せいぜいバナナと納豆、豆乳が役に立つくらいで、棚においてある食料の
95%は、私たちの頭を悪くするための食料にしか思えなくなってきます。

引用終わり-->

95%・・
ですか。

俺 相当バカになってるかも。

野菜ジュースとおにぎりはよく取ってるけど。

でも久しくマックで食事していない。
(コーヒーはある)

自転車通勤はまったく同意ですし、ここ1年くらい
都内の移動は自転車がメインです。


■根底に流れる思想。

彼女は本書の冒頭で
自分自身が生産性を上げられた要因を3つ挙げています。

1.日本で初めて幼少期から
 IT機器を使ってきた第一世代であること(技術要因)
2.知的生産性が給料・成果に直結する仕事に
 長年かかわってきたこと(報酬要因)
3.21歳で長女を出産して以来
 3人の娘の育児・家事に時間がかかるため、
 生産性を高めざるを得ない状況に
 追い込まれていたこと。(意欲要因)

特に1番がもっとも注目すべき点だと思っていて、
基本的な思想は人間とコンピュータのベンチマーク
という所ではないかと思います。

自己学習すること、自己プログラム形成すること、
コミュニケーションネットワークを
自動結線していくこと。などは人間の特徴。

記憶や検索はコンピュータの得意な所。

であるのでそれぞれ得意分野を生かした
コラボレーションを目指す。

しかも大事なことは思考技術の進化が
コンピュータをメタファーとして
行われていることです。

たとえばわかりやすいのがOSという表現。
マインドマップは彼女のOSのひとつとして示されていますし、
マッキンゼーで学んだという各種思考法、フレームワークも
そのひとつ(アプリかOSかは細かい議論ですが)のようです。

また体力の重要性を説明するくだりにもこんな表現がありました。

体力=集中力であることを説明する部分です。

<--以下引用

これはノートパソコンにたとえるとわかりやすいでしょう。
同じパソコンでも、電池の持ち時間が長いものと短いものでは
電池が切れるまでの情報量に格段の差が出てきます。
たとえ、どんなに早いパソコンでも、
電池の持ち時間が1時間しかないものとそこそこのスピードで
6時間持つものであれば、後者の方が
情報処理としての効率が高いことはいうまでもありません。

引用終わり-->


この情報に対する見方が確かに幼少期からITに
慣れ親しんだ世代の特徴のような気がします。

エクセルが使えるとかのアビバ的な話とはレイヤーが違う
思想的な違いです。

■レコメン・コンピレーション⇒ポータル

先日のYouTubeもそうなんですが、
誰かの意思が入って編集・凝縮・相関化されたものに
弱いですね。私

タワレコの試聴機コーナーPOP見ながら聴くの大好きですし、
コンピレーションアルバムも大好き。(FreeSoulとか)
レコード雑誌もその類が多い(古くはサバービア)
brutusとかの本特集とか映画特集とかすぐ買っちゃうし。
そもそもDJという職業がそうですしね。

クレイジーケンバンドが大好きなのも
そこを中心にいろんな世界に飛べるから。

そういや先日見た
市川崑物語も映像ミックスだった

こう見ていくと
ポータルという概念が近いですね。

飛べる・広がれる。

脳のシナプスが発化するのを逃さず、クリックさせちゃう感じです。

googleで遊んでいるときも近いのですが、
人の意思がそれほど出ていないのが惜しい。

やはりアマゾンクラスの意思があるとぐっと来る。

今回食わず嫌いだった勝間本を購入させた最大の動機は
巻末の「厳選 お勧め書籍 AudioBookリスト」があったことでもあります。

立ち読みでは済まされないボリュームなんで。
ちょっと買わざるを得なかった。

作戦勝ちです。


■ウィッシュリスト⇒マイスポット
先日も紹介した「マイフ(mife)」というサービスにあるウィッシュリスト
という概念も上記と密接なかかわりがあります。

誰かのお勧めは押さえておきたいという心理です。

アメリカにいましたよね カリスマ主婦
マーサ・スチュワートでしたっけ。

あとは”みのもんた”

明らかに宣伝目的なのは高田社長(ジャパネット)

あとは古いけど 藤原ヒロシとか

薦める人と薦められた物の間の関係は
色々あるとおもいます。
(基本的にはどうしても利害関係が発生する)

ただ、これからは薦める行為と、薦めた結果発生する利益は
独立していくと思うのです。

DJなんかは顕著で、レコードを作ったのは
他人で極端に言えば選曲でメシ食っている
沖野修也著書などを読むとそう思える。

mixiがやっている「mixi station」
とかもいい線行ってると思うけど、まだ使い方を提示できていない。

マイフのメインコンテンツは位置情報
ここにお勧めスポットとして編集行為をさせたのが
ウィッシュリストです。

アマゾンのウィッシュリストみたいなニュアンスですが、
要はおすすめスポットです。
位置スポットのエバンジャリストの出現環境が
揃ってきています。

来たれ 場所ジョッキー(*´д`*)。

■まとめ

1時間30分かけて読んだ本だけど
色々影響をうけたし、
紹介文献も色々チェックを広げて行きたいが
もっとも影響を受けたのが

仕事の仕方をブラッシュアップしていく
その基本スタンスです。

これは船木誠勝(格闘家)が肉体改造方法について
言っていた事も重なりますが

常に方法は新しくなるということもあるので

色々試してみよっと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »