« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月28日 (木)

「iモード+youtube の衝撃」

実は最近はまっているのはYouTube。
何でいまさら・・
って思うかもしれないが、モバイルの方です。

◆はじめはたまたまだった 最初はラーメン食べてたときに
塩分のことが気になって、 そういえば、人間の汗から取れる塩分
でラーメンつくるっていう馬鹿な企画のテレビ
を昔見た記憶が出てきて、
それって
「ザ・ガマン」という
とてつもなくくだらない番組だったかな・・とか
考え始めて、
「大体今思うと、あれってすごい番組だったな」 ということで、 ちょっと調べてみっか〜という感じで(癖で)
googleで検索したら、
掲示板があったので追いかけはじめた。
当時番組に出演していた人も書き込みしてたり。

そしたら
誰かが当時録画したものをYoutubeで見れるように
してくれてたみたいで、リンクが貼られていた。
飛んだら普通に見れるし、懐かしすぎて
見入っちゃったんですね。
そこまでで終わっていれば
大した話ではなかった。
◆お笑いと相性が抜群 で数日して、 R1グランプリで"なぎだ武"が2連覇 というニュースが入ってきたので 「そういうえばディラン&キャサリンネタ以外って見たこと無いな」 と思って、ネタみれるかもとおもって
Youtubeで検索してみたら、出るわ出るわでびっくり。 レッドカーペットのネタ「ややこしや〜」見て
天才!だと思った
あまりに感動してしまい 続けざま"なだぎ武"
関西系にはおなじみのオールザッツ
スミス夫人時代のネタ
など片っ端から見てしまいました。 で ここからがYoutubeの思う壺なんですが、
"なぎだ武"=>"中川家"=>"くりーむしちゅー"
=>"鳥居みゆき"=>"ケンコバ"=>"麒麟"=>"チュートリアル"
=>"リチャードホール"=>"おぎやはぎ"=>"劇団ひとり"
といわゆる
"related link" に誘われる形で
チェーンウォッチング状態に突入。
一人新春初笑いモード(てゆかお笑いトランス状態)
に入ってました。 3分〜7分くらいのネタを30本くらい見続けたでしょうか。 大学時代にビデオでみてたオールザッツとか見れて
すごく懐かしかった。 てゆうか3時間くらいあっとゆう間。
人としてちょっと壊れてますね、
そんな週末の過ごし方。 まだ泥酔していたほうが安心できる(笑)。

◆携帯テレビの恐ろしさ おとといもう一回見てみてたら
冒頭の「ややこしや〜」はフジテレビジョンの要請で削除
されてましたが、ワンセグいらないね。 だって見たいときに見たい映像
しかもDVDとかで売っている映像でもない映像が見れるんだから
ワンセグを超えてる気がします。 こりゃテレビ局が恐れるのもわかりますね
YouTube。 コンテンツ所有権の観点からテレビ局は一切認めていないが
何らかの形で認めてもらえれば絶対もっと面白くなる。 局すら持っていないコンテンツが流れ、支持されるんだから
そこでチャリンチャリンできれば彼らも悪い気しないはず。 茂木健一郎もなぜかこの点はよく言及している。 1月末に携帯版がリリースされたときには
topページのデザインもよくわからないし
コンテンツは英語ばかりだからぴんと来ないなと思ってたのですが、
検索窓に入れる単語次第ですね。 そのあたりはググに通じる。 テレビだけでなくて
ミュージッククリップも見れるし これは強力すぎる。

◆まとめ
私は意志の弱い人間です。
テレビっ子なので、テレビはあえて買ってませんでした。
(NHKの集金員にもそう伝えています。)
ネット中毒傾向があるので、家にはネット引きませんでした。

でも携帯でネット経由でテレビが見れると
強力なエンターテイメントになるということがわかりました。
以上

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年2月26日 (火)

市川崑物語監督:岩井俊二

岩井俊二による
故市川崑の半生を振り返った映画。

日本映画界の巨匠。
市川崑

映画が公開された頃はまだ存命されていたが、先日逝去された。

よくあるDVD特典っぽいレベルを覚悟して見たが、充分鳥肌立つ作品。

ただただ岩井の市川崑への愛情がつたわる作品です。
市川崑が用いた映像技法が仕込まれてます。オマージュというか、岩井いわく、自分のオリジナルが市川である。と表現してました。
ずいぶん劇中に市川作品が引用されましたが
市川崑作品を一通り見て見たくなりました。
映像欲を大いに刺激されました。

高校の頃「黒い十人の女」がリバイバルヒットして、見に行った思い出があるけど、
改めてタイトルデザインを改めて見ると面白いなと思った。
白黒時代だったからなおさらデザインに力があるのかもしれません。

横溝正史作品もほんとに怖い。平成版未見なんでチェックしてみま酢。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月25日 (月)

チームバチスタの栄光

永らく読んでみたかった本でしたが、映画を先に見ちゃいました。

本が面白いから、鉄板なんでしょう。
一度も集中力途切れず見れた。面白いと思います。

でも何故か見終わったあとに残るモノが少ない。
反芻がないのです。心臓手術のシーンは刺激的な映像だったけど、、日本映画のねっとり感が好きな私としては、抜けがよすぎたか。。あっ
ひとつだけ残ったものがありました。劇中歌です。
あれは頭にこびりつきました。
今、山口良一がキテます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月24日 (日)

第一回会社説明会

第一回会社説明会
昨年から準備を重ねてきた会社説明会が遂に敢行され、小生転職2ヶ月にかかわらず、15分ほど会社説明漫談をやらせていただきました。

事前にケンドーコバヤシのビデオを見て漫談の練習をしていったのが功を奏したようです。すべらずいけました。

夢と希望に溢れる若者たちとのふれあいはパワーもらった感じがします。
もう一回あるんで改善を実施したいと思います。


今は小さな会社ですが、彼らは柱になってもらう存在。宝であるし、合わなくてつまらない結果になったらお互い不幸だから、さらけ出してぶつかって行きたい。

先日読んだインタビュー記事に面白い下り。
サイゼリア社長のインタビュー。
会社が形になるまで30年かかるという自説を展開。
というのも会社の運営の軸はブレ迷いの少ない40代の社員だという。
そうして中途でなくブロパーの子がその年代まで行く必要がある。
新卒が採れるようになるまで10年かかる。
だからトータル30年は見て経営を続けてきたそうです。。長っ

今の尺度でみたらかかりすぎな気もしますが、案外それくらいかかるとおもって組織人材設計したほうがいいのかも。

自分自身転職した人間だから、長く続けてもらう難しさとか、長く続かないと会社が強くならないことは体感してきた。

大事なことは
 本人の成長
 会社の成長
 先輩の成長
この3つのバランスがうまくとれることかなって思います。


とにかく、採用したら責任をもって育てて行きたい。就職シーズンも残りあとわずかです。ラストスパートなり〜

写真は会場の様子。
前の人も反りかえって写真撮ってます(笑)。

PS
前職の後輩でかなり前に飛び出した人が偶然会場の別室にてセミナー講演してたみたい。

卒業生の活躍楽しいですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

夜遊び日記 2/17

夜遊び日記 2/17
金曜日は恵比寿weお茶→COCOROメシからお馴染み歌謡曲バーX+Y。 3時解散
X+Yでははじめてソファー席。
怪しいノリに引かれるかと思ったが、盛り上がって安心でした。やっぱ松田聖子は世代を越えて人気があることを実感。ワイン大量消費にもかかわらず
ザルメンバーのためそれほど壊れず(笑)。
途中毬山君から長男誕生のしらせあり。関係無いけどみんなで乾杯。

最後に香月でラーメン。
30越えて深夜にラーメン食べるなんていい度胸と言われそうだけど。
恵比寿の夜はこれでないと締まらない。
ミルクで遊んでた頃から変わりません。
(ミルクリニューアル楽しみ)結局翌朝後悔するんですが。

昨日は六本木ホテルアイビスで誕生日パーティーからai tokyo そして XROSS。
ai tokyoははじめていったんだけどなかなか面白い。クラブではなくてあくまでバー。またいくかも。
XROSSはNE-YOのBecase of youがヤバかった。いい曲だと思う。
久しぶりにクラブ遊びしたけど、遊びにかける情熱は忘れないようにしたいものだにゃー。一回り以上も下の子達ばかりなんですが。やつらはヤバイねパワーもらった。
そして早く暖かくなって欲しい。
ちょっと風邪気味(>_<)

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年2月16日 (土)

新入社員

久しぶりに新入社員やってます。
結構人見知りするタイプなもんでモジモジしながらやってます。
初心わするべからず
ということで

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »