« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年7月30日 (日)

暑気払いの会

昨晩は、NITのMOTの同じコースのかたがたと
先生とともに 隅田川花火大会見物。
浅草出身のYさんの奥様ご好意により、
優先シートを確保いただくことができ、ぎりぎりの
到着でも余裕をもって見物できた。

学生時代 徹夜して場所取りしたのが懐かしい

奥様の手作りつまみも美味。

4ヶ月ぶりくらいの再会でそれぞれの近況交換
となったが、みな途中から言葉少なく
花火に没頭。

いくつになっても感動できるこの花火ってやつは
すばらしいエンターテインメントであることを再認識。
ぼけっと口をあけてみてたら、カスが入ってきた。щ(゚Д゚щ)

花火をみてたら、過去の夏の思い出が(特に小さいころ)
がかすかに思い出される。
MEMORY RECALL効果を確認した。

その後やはり Yさんに予約してもらったお店。
「まるじゅう」さん
http://r.gnavi.co.jp/g492124/
にて移動し、2次会。
おおいに盛り上がる。
独立した方、転職した方、学生専業化した方
会社にて学んだ知識を生かしている方
などそれぞれの近況を伺い、大変刺激を受けた。
同窓生であるがかけがえのない先輩である。


PS アクセス解析を開始
トラバ先を参照して、アクセス解析を開始してみた。
MIXI経由で来ている人のほかにも興味があったのです。
しばらく様子を見てみることとする。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月29日 (土)

日本のなつ

日本のなつ

かすが飛んで来ました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隅田の花火

久々に現地会場。から見物。拍手がやみません

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隅田川花火

隅田川花火

実況中継

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月15日 (土)

惑星の旅

最近みたページの中でもっとも印象深かったのが、
科学技術振興機構が公開している、
「惑星の旅」
http://jvsc.jst.go.jp/universe/planet/index.html

2005年につくられたコンテンツなんですが、
太陽系を旅することができます。

もっとも印象的だったのが、
いかに地球がレアな存在か?

よく海の存在が地球の特徴として上がりますが、
太陽から近すぎると蒸発
遠いと氷になってしまうわけで、
そのいい塩梅が地球で実現しているわけです。
さらに驚くべきことに陸があったために
生命システムが育めた。

つまり、陸があり光合成を行う生物植物がいて
酸素が存在したことが奇跡です。
そして二酸化炭素が少なく窒素が多い。

そしてはじめて知ったことは
地球の磁場が持っている磁気圏が
太陽からのプラズマから守ってくれており
大気の流出を防いでいること。

あわせて植物がつくった酸素
オゾンが紫外線をガードしている。

こうしてみるとこの「ちきゅう」システムの一部が
人間なんだなと思います。

ロマンにあふれており、
音楽もいけているので、
ボーっと眺めるだけでもグー。

冥王星あたりで意識を失うのがはやるかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月10日 (月)

7/8-9 四万温泉旅行

某PRJのメンバーが集った合宿に参加。
プロジェクト期間に催行された第一回は
幻の合宿と呼ばれ公式にはカウントしないこととなっており
正式な第一回合宿となった。

今回の目的地は群馬県 四万(しま)温泉 積善館
http://sekizenkan.co.jp/

いわゆる鄙びた温泉街にたたずむ
老舗旅館である。

060708_manekin
温泉街で見かけた美人


060708_sekizen02
部屋から玄関を望む


060708_sekizen
旅館入り口脇にある建屋(湯宿建築)
(1Fは重要文化財でもある温泉)

060708_shima
いわゆる温泉街


当然の盛り上がりであり
久々の集合ということもあり
最高に楽しい思い出となりました。

060710_shima
ダムの上から見下ろす


060710_taki


060710_ouktu
甌穴(天然記念物)

最後は個人的に訪問を熱望した
中之条町営の歴史民俗資料館
http://www.town.nakanojo.gunma.jp/34shiryo_kan/rekisi.html

を訪問。
撮影禁止が残念であるが
温故知新のタイムスリップを楽しむことができた。

本当にすばらしいたびでした。

てな感じで 長い休みが終わりました。

(やってない宿題がたくさん残っているのは事実ですが。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年7月 7日 (金)

メラトニン摂取スタート

先輩のハワイ土産であるメラトニンの摂取を開始
確かに飲んだらなんだか眠くなる。
明日は早起きしますYO!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コミュニケーション

HDDレコーダ+プロジェクタの導入により
すっかりテレビっ子生活中。
今回もテレビの中でこれは!
とおもう部分をこの日記(ブログ)にメモ。

7/3のプロフェッショナルは
これまでの総集編の趣きのある「明日から使える仕事術」
さまざまなジャンルに分かれてこれまでのプロフェッショナルから
仕事術を学ぶという企画であるが、ちゃんと再取材していて感心。

ムシキングのヒットを起こした
セガの植村さんのコミュニケーション術にて
ラグジュアリワード((c)江戸しぐさ)発見

「お互いやり取りを密にするほど仕事の精度が高まる。
 というのがチームワークの原理原則。 
 集団として組織として力を発揮手で着ているところでは
 活発なコミュニケーションが行われているはず。」
「声の届く範囲の部下からメールがきたら
 かなりやばい。」
「キーワードは常時接続」
--

やはりここが突破口に思える。

組織でありながら各拠点に分散している
ワーキングスタイルを取っている

なおさら
コミュニケーションが肝になると思う。
RASを介してでもいいから風を吹かせたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年9月 »