« 4/23 ハネツキ | トップページ | 4/26 匠亭 »

2006年4月27日 (木)

4/25 プロフェッショナル仕事の流儀

本日はテレビの内容から印象的だった部分を抜書きしてみます。
番組はプロフェッショナル仕事の流儀(NHK)
プロジェクトXの後継番組として、
現代のプロフェッショナルに光をあてるという趣向の
プログラムのようです。

今夜のプロフェッショナルは
大手飲料メーカの商品企画部長 
でヒットメーカの佐藤章さんの言葉です。

■開発の掟
1)サプライズ
 2秒で面白いと感じさせること。
 あの娘が好きという感じ

2)確信犯の一人がすべてを決める。
 ちゃんと考え、一番愛している人を優先すべき

3)会社の都合で商品を作らない。

■チーム開発のメリット
個人の力は限られている。

■いい人がいい商品を生み出す
 いい性格の人(respectできる,のりがだせる、許せる人)
 からいい商品が生まれる。
 公式やセオリからは生まれない。

■現場
まず現場にいて やり直したり、組み立てたりをしなければ
僕自身の鮮度が落ちる。

■人材育成
手取り足取りでなく、自分で気づくように刺激を与えるべきと思っている。

■プロフェッショナルとは?
愛情のある人
 人の気持ちに入っていける人
 テクニカルであることではない。

==
BtoBの商品に限らない
いい話を聞けました。
たまにはテレビも面白い。なと。

|

« 4/23 ハネツキ | トップページ | 4/26 匠亭 »

コメント

「NHKプロフェッショナル仕事の流儀」
は私も好きな番組です。
リゾート再生のプロ、アートディレクターのプロ、細菌予防のプロなど各界のいろいろなプロ
が出演しています。

「プロ」の彼らに共通しているのは「自分の頭
で考えて行動する」ということでしょう。

仕事も遊びも周りの環境や情報ではなく自分
の頭もしくは体で感じて行動に移す、
なかなかできないんですけどね(笑)。

夏も近いし、遊びも仕事もどんどんやっていきたいね。

投稿: LEON | 2006年4月29日 (土) 11時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/124424/9781811

この記事へのトラックバック一覧です: 4/25 プロフェッショナル仕事の流儀:

« 4/23 ハネツキ | トップページ | 4/26 匠亭 »